ゼネコンって一体何?

英語のゼネラルコントラクターを語源とするゼネコンは、日本において総合建設業が該当します。
具体的には土木建築工事の請け負いであったり、工事全体をコントロールする建設業者のことです。
総合を意味するゼネラルに加え、建設工事分野の請負者を指すコントラクターを合わせて、日本ではゼネコンと呼ばれています。

この言葉の語源は諸説ありますが、今の所ゼネラルコントラクターが有力とされます。
対して、特定の工種の工事を限定的に受注する場合は、専門工事業者のスペシャリストコントラクターと呼ぶのが正解です。

他にも元請業者から一部を請け負う、下請け業者のサブコンといった業者と区別されるのが普通です。
あまり一般的ではありませんが、海洋工事関連の業者は、海にちなむマリーンからマリコンとも呼ばれます。

日本では巨大企業で大手というイメージですが、言葉が生まれた欧米では意味合いが異なります。
欧米におけるゼネラルコントラクターは、どんな工事でも請け負うよろずや的なイメージが先行します。

また、日本とは違い企業の規模が比較的小さく、専門工事業者の複合体とは正反対のイメージです。
それだけに、日本では本場の欧米とは使われ方が違う言葉で、和製英語的に使っているといえるでしょう。
歴史的に見ると、日本では第二次大戦後の高度成長期において、建設の需要が急激に伸びたことから急成長を遂げています。

混乱は公共事業の縮小化が大きな原因

しかし巨大企業で安定という印象とは裏腹に、経営破綻に追い込まれたり、何とか免れた企業も存在します。
混乱の発生はバブル崩壊後のことで、1990年代から2000年代に起こりました。

もう一つの切っ掛けは政府主導の構造改革にあって、公共事業の縮小化が大きな原因とされています。
更にバブルが弾けた結果、一気に建設需要が低迷したのも痛手だと考えられます。
逆に捉えるなら、今も残っている企業は荒波を乗り越え、逞しく存続し続けていると評価可能です。

一見して似たように感じられるゼネコンも、企業の成り立ちや得意分野には違いがあります。
これらの多くは、建設業法における多数の建設業許可を有しますが、得意分野に特化している企業も珍しくありません。

自治体や国の競争入札において分割発注に応える為に、専門工事部門を分社化、あるいは子会社化するケースもあります。
複数社を合併して専門工事部門の専門業者が登場する、そういった動きもあるので流動性は案外高いです。

ゼネコンの売り上げってどれぐらい??

ゼネコンは単独売上高が1000億円を超えると、いわゆる中堅と呼ばれることになります。
中堅規模は一般的にも名前が知られている企業ばかりで、大きなプロジェクトにも参加しているのが特徴です。

所が、1000億円を売り上げてもまだ中堅ですから、総合建設業の世界は奥深くて巨大であると信和建設は言及しています。
3000億円の単独売上高に到達するとようやく準大手で、本当の意味での大手と呼ばれるまでには1兆円の壁があります。

単独売上高1兆円以上の企業は、大手中の大手であるスーパーゼネコンに当てはまります。
この条件に該当するのは5社だけなので、日本では勿論希少ですし、海外でも特異な存在として見られているほどです。
欧米では業界に関わらず、専門性に応じて分業化されているのが一般的です。

建設業であれば、設計と施工で分けられているのは常識で、会社自体が別組織という場合も少なくありません。
一方の日本の5大大手は、巨大な組織の中に建設部門やエンジニアリング部門、それに研究開発部門も取り込んでいます。

外から見ると単なる巨体ですが、実は1社で何でもこなせるモンスターだと表現できます。
言い換えれば建設技術が集まる複合体で、一貫性のある体制で設計や工事が請け負えます。
企業によっては住宅地開発にも取り組み、住宅販売や開発事業といった不動産業にも強みを持ちます。

巨大企業でも案外身近に存在していると信和建設は言う

ゼネコンの規模は一般人の想像以上で、巨体の組織を上手く運営できているのはまさに奇跡的です。
海外からは奇異な目で見られますが、日本社会においてなくてはならない存在です。

社会の成長や持続を陰で支えていますから、巨大企業でも案外身近に存在しているものです。
街中を歩いていると、組の付く建設会社を見掛けることがありますが、これには江戸時代にまで遡る歴史が関わります。
当時は大工の労働組織が一棟梁単位で、それぞれに組と付けて呼んでいたのが由来です。

反社会的な団体も組織名に組と付けますから、詳しい由来を知らない人は誤解する恐れがあります。
こちらは賭博の取り締まりを逃れる目的で、博徒が土木建築請負の看板を利用して名乗ったのが元です。

今も社名に組を付けている建設会社は、後ろめたい理由で名乗った組織とは異なり、江戸時代からの伝統を重んじて引き継いでいます。
ニュースでも何かと話題に上ることがある総合建設業ですが、巨大プロジェクトではまとめ役となるので、いなければとても困る存在です。

大きな事業では全体を上手くまとめる必要があるので、総合建設業はそのような時に価値が発揮され、そして強みが活きる企業だといえます。

 

出典:信和建設