1.時間帯

お墓参りは先祖や亡くなった家族を供養するために行いますが、実際に行く際は、その方法や用意するもの、そして注意点などについて知っておきましょう。

まずお参りの時間帯については、基本的にはいつでも構わないと言えます。

しかし古い考え方では、ご先祖を優先させるという意味から昼よりも朝にお墓参りする方が良いとされているため、時間的に余裕がある場合はできるだけ朝にお参りするのもよいと言えるでしょう。

また霊園などによっては開園時間が決まっている場合があるため、事前に確認しておくことも必要です。

2.服装

次に服装に関しては、法事の後であれば喪服等のきちんとした格好で行くことになると言えますが、普段行く場合は、掃除も行う必要があるため動きやすい服装の方が良いと言えるでしょう。

また、服装は基本的に何でもいいと言えますが、他にもお参りに来ている方がいる場合もあるため、あまり派手過ぎるデザインのものは避けた方が良いと言えます。

3.持ち物

そしてお墓参りで用意しなければならないものとしては、お花やお供え物をはじめ、線香やローソクといった仏具や、掃除道具などが挙げられるでしょう。
お花に関しては、定番の菊や、カーネーション、リンドウなどが無難だとされているため、迷った場合は定番のものを選ぶと良いと言えます。

そして、トゲや毒がある花や香りが強い花は基本的に良くないとされているため注意しておきましょう。

またお花選びについては、故人が無くなってしばらく期間は白や淡い色のものが良いとされ、ある程度の期間が過ぎてから彩りの鮮やかな花を足していくと良いとされています。

4.お供え物

次にお供え物に関しては、お彼岸に団子などをお供えするといった習慣を持つ地域もあるため、それに従った方が良い場合もあると言えますが、基本的には何でも良いと言えるでしょう。

よくあるのは、故人が好きだったものをお供えするケースであり、お酒好きの故人のためにビールをお供えするといった場合もあります。

5.手順

さらにお墓参りの手順については、まずはお参りをする前に掃除を行ってお墓をキレイにします。
そして掃除が終了したら、花立てにお花を飾り、用意したお供え物を墓前に供えて、さらにローソクと線香に火をつけましょう。

ここまで済んだらようやくお参りをすることになりますが、お参りの順番は、故人との縁が深い方から行うのがマナーだと言えます。
そしてお参りが済んだら、お供え物はそのままにしておくと動物に荒らされることがあるため、ちゃんと持ち帰るようにしましょう。

また、自宅では仏壇にしっかりと手を合わせましょう。

仏壇通販モダンより一部抜粋)