不動産担保ローンはキャッシングなどの無担保ローンよりも信頼性が高いと認識している方が多いです。

不動産を担保に入れることで、数百万円以上の融資を受けることが可能になります。

無担保だと100万円まで借り入れできれば上々であり、数百万円の借り入れは非常に厳しいものがあります。

最高500万円などの限度額は見かけますが、限度額は自分が借りられる金額ではありません。

限度額の増額も100万円くらいで頭打ちになることが多いので、高額の調達をするのにキャッシングは適していません。

不動産担保ローンの融資額が大きくなる理由は、借り手の返済能力が高いと判断されるからです。

年収がそれほど多くなくても、担保とする資産を有していれば、返済能力は高いとみなされます。

実質年率もキャッシングより低く抑えられているので、まとまった調達をしたいときに重宝するでしょう。

キャッシングは個人向けの小口融資であり、高額を借りるためには適していません。

総量規制の対象にならないのもメリットであり、年収以上の借り入れをすることも可能です。

ビジネスローンとして活用するのもありですし、キャッシングなどの一本化にも使えます。

用途が限定されていないことが多いので、キャッシングよりも幅広く使うことができます。

キャッシングの場合だとおまとめ、事業資金には利用できないことが少なくありません。

不動産担保ローンは連帯保証人も設定なしで借りられることが多いなど、ビジネスローンよりも低リスクとなっています。

不動産担保ローンで借り入れできる金額

不動産担保ローンで借り入れできる金額は、担保価値の70%程度になるのが普通です。

100%になることはありませんが、これは担保の価値が変動するためです。

500万円の担保を入れて借りる場合は、350万円くらいまで借りられることになります。

数百万円の借り入れはキャッシングでは無理がありますから、担保に入れる不動産がある方は不動産担保ローンの利用を考えてみましょう。

利用する状況として多いのは、事業資金が不足しており、銀行も融資してくれなかった場合があります。

融資は最短即日で対応してくれるところもあり、すぐに調達したい方に最適でしょう。

銀行融資は確かに低金利ですが、低金利ゆえに高いハードルを設定されます。

借り入れできない方も多いため、そうした場合に検討したいローンです。

金利は銀行ローンより高いですが、キャッシングなどの多目的ローンよりは低く設定されています。