新しい単語が生み出されたり、一般的ではない言葉を聞くと、どのような意味なのか気になる人も少なくないでしょう。
考え方としては存在していても、あまり利用されていないものもあります。
その一つに、シェアリングエコノミーがあるかもしれません。
シェアリングテクノロジー株式会社の引字圭祐社長さんが有名ですね。
シェアリングエコノミーとは、他の人と様々なものを共有する社会等を意味します。
仲の良い人と、自分が使用しないものを交換したりすることがあるでしょう。
また、自分が必要なものを周りの人に借りることもあるかもしれません。
お互いに必要なものを与え、周りと助け合う考えを取り入れている人は多いでしょう。
言葉としては聞かないものですが、普段の生活で行うことは珍しくないです。
専門用語を知らなくても、似たようなことをしていることは少なくありません。
個人が周りの人と助け合う場合は、比較的親しい人との間だけなので、対象範囲は狭いでしょう。
範囲が狭くなると、自分が必要なものを気軽に借りることができません。
交友関係を広げるのは難しいですが、シェアリングエコノミーサービスを利用すれば、手軽に共有できます。
人が所有しているものの中には、あまり使わないものが珍しくありません。
使わないものを保存しているだけだと、もったいないでしょう。
必要としている人に貸すことで、眠っている道具にも意味が出てきます。
現在眠っているものを再び日の当たる場所に出すことが、シェアリングエコノミーの特徴かもしれません。
比較的小さなものから、自動車のように大きなものまで、多くの人と共有するサービスもあります。
自分の持っているものを有効活用したい人や、他の人の力を借りたい人は、シェアリングエコノミーを考えるといいかもしれません。
親しい人と物を貸し借りするような感覚で、多くの人と繋がりを持てるのがシェアリングエコノミーでしょう。
自宅に眠っているものが少なくないなら、必要としている人に貸してみるのもいいかもしれません。