医学部の予備校は、その学校によって学習スタイルも異なっています。
一昔前までは集団で学習する体制の学校が多かったのですが、最近は個人学習や少人数での学習スタイルを採用している学校が多いですね。
そのスタイルによってやはり授業料も異なってきます。

どの学習スタイルが良いのかはその人次第です。
たとえば個人は非常に効率は良いと考えられますが、毎回講師とマンツーマンという状態がとても苦手な学生もいます。

緊張した状態で学習しても集中力を高めることができず、それがプレッシャーとなって逆効果になってしまう人もいるんですね。
逆に日頃から周囲の雑音や話し声などに敏感で、静かな環境のほうが学習しやすいという人は個人学習が向いていると思います。

また自己管理の得意な人も個人での授業スタイルが最適ですね。
自分のカリキュラムに沿って学習することができるので非常に効率的です。
より高いレベルの授業を受けることも可能となってくると思います。

少人数での学習は最も人気の授業スタイルとなっています。
あまりにも人数の多い授業では集中力を高めることが難しく、個人だと少し気が重い、授業料が高いなどの理由で少人数の医学部予備校クラスに通う学生が多いです。

メリットとしてはやはり誰かと共に頑張っていくという環境の中、人間関係を築くこともできますし接することで自分のスキルアップにもつながります。

良い意味での闘争心も芽生え自発的に集中して学習に取り組むことができると思います。
ただし予備校によっては少人数クラスは個人とそれほど変わらないくらい授業料が高いこともありますので、事前にしっかり家族を話し合ってみることをお奨めします。

このように様々なスタイルで学習するというのが医学部の予備校の特徴となっています。

参考サイトはこちら